京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」

みなさんは普段生活している中で、長時間同じ姿勢になっている事はありませんか?今回は長時間同じ姿勢になる事で体がどのようになってしまうのかを簡単に説明していきます。

長時間の同じ姿勢とは、例えば、「座り」「立ち」「寝転ぶ」など普段の生活の中で家や仕事で同じ姿勢で長時間作業されている事や習慣があると思います。このような生活スタイルが日常的に反復して行われている方は体に大きな負担がかかっている事が多いです。

長時間の同じ姿勢になる事で、体を動かしたり姿勢を支えたりする働きのある「筋肉」が傷んできてしまうのです。

筋肉は本来柔軟性がありスムーズに伸び縮みができます。その為体を動かしたりする時も筋肉に柔軟性があれば何の支障もありません。しかし、長時間同じ姿勢が続いてしまうと筋肉が伸びたり縮んだりする機会が無くなる為次第に硬くなってしまいます。その硬くなった筋肉を急に動かしてしまうと無理に筋肉が引っ張られてしまい傷んでしまうのです。

姿勢を支えてくれている筋肉は主に首から腰に繋がる大きな筋肉が働いてくれています。ですから長時間の同じ姿勢により硬くなって筋肉を無理に動かした時には首から腰に掛けて痛みが出てきやすくなってしまいます。

痛みが出てからでは日常生活に支障が少なからず出てきてしまうと思いますので、痛みが出てくる前に体のケアをしていく事が大切です。

長時間同じ姿勢が続いてしまう方は、首や肩を回したり、腕を上に挙げ伸びをしたり、腰の前後に曲げたり回したりして姿勢を支えてくれている筋肉を適度に動かしてあげれば負担は減っていきます。その他にも空いている時間や休憩時間を使ってストレッチなども加えてあげると、筋肉に柔軟性が保てますので痛みが出てきにくい体を維持できます。

みなさんも今後の生活の中で長時間の姿勢には十分注意していき、体のケアする時間を確保していきましょう(^o^)

京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP