京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」

血液は私達の身体にとって必要不可欠なものです。私達の身体全体に酸素や栄養を運んでくれるという大変重要な役割を担ってくれています。しかし、血液循環が悪いと身体全体に行くはずの酸素や栄養が少なくなります。では血液循環が悪くならないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

まず血液循環が悪くなると冷え性、身体の倦怠感、肩・腰などの痛み、高血圧、頭の痛みなど色々な症状が現れやすくなります。また代謝も下がってしまうので、脂肪が燃焼されにくくなってしまったりなど体型にも影響を及ぼしやすくなってしまいます。だからそれらを避けるためには血液循環を良くしてあげなければなりません。筋肉は血液を全身に送るポンプの役割をします。しかし、その筋肉が緊張し硬くなってしまっているとポンプとしての力が弱くなってしまい、全身に送る血液の量が少なくなってしまいます。だから筋肉の柔軟性を保つという事がとても重要になります。日頃から筋肉のケアをする、ストレッチや運動をして筋肉が緊張してしまわないように動かすなどしてみましょう。あとはこれからの時期だと身体をなるべく冷やさないようにするということも大切です。湯船につかり身体の芯を温める、寒い場所へ出るときは少し厚手のコートやまたマフラーを巻くなどして身体の体温を外に逃がさないようにしてみましょう。

身体の為にもしっかりと日頃からケアをしていきましょうね(^o^)

京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP