中京区・二条で整体なら「三条大宮整骨院」

みなさんは体の中で「第2の心臓」というものがあるのはご存知ですか?名前の通り心臓と言うワードが入っていますので、体の中でも凄く重要な部位になります。

まず心臓の働きは綺麗な血液(酸素や栄養を多く含む)を全身に送ってくれています。その送られた血液は全身を巡っていくうちに各細胞に行き渡った後、老廃物(体にいらない物質)を拾い心臓に帰ってきて綺麗な血液と交換されます。正常にこのサイクルが働いてくれていると体は常に良い状態が保たれますが、第2の心臓の状態が悪くなっていると体に老廃物が溜まってしまう原因になり体に異常が出てきやすくなります。

その第2の心臓と言うのは、「ふくらはぎ」です。ふくらはぎは心臓から一番末端部分のつま先まで来た後血液を(老廃物を多く含む血液)を心臓へ送り返してくれる「ポンプ」の働きがあります。しかし、このふくらはぎの状態が悪くなってしまうと、ポンプの働きが作用しなくなってしまい老廃物が体に溜めってしまうのです。老廃物が体に溜まってしまうと体の感覚としては、「だるさ」「違和感」「むくみ」などが強く出てきます。

この上記の状態が出てきてしまうと次第に体の各細胞が傷んでしまい「痛み」が出てきやすくなってしまいます。このようにふくらはぎは体の状態を良く保つために凄く重要な働きをしてくれているのです。

ふくらはぎの状態が悪くなってしまう原因は、ほとんどがケア不足になっている事が多いです。普段の日常で立ち、座りっぱなしなど一定の時間ふくらはぎの筋肉が伸びたり縮んだりすることがないと、ポンプの働きができていません。そしてよく歩いたり運動したりふくらはぎの筋肉を良く使った時でも、その後のケアができていないと筋肉が疲労して固まりやすくなりポンプの働きができなくなってしまいます。

ふくらはぎの状態を良く保つために大切なことは、しっかりとケアをしてふくらはぎの筋肉に柔軟性を保つ事で常にポンプの働きが作用してくれ体の状態も良くなります。

ケアと言うのは、ふくらはぎは足首を動かす働きもあるので足首を回したりふくらはぎを伸ばすようなストレッチを日頃からできると良い状態が保てます。今現在体の調子が悪い方がおれましたら第2の心臓の状態良くしていきましょう!!!

中京区・二条で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP