京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」

当院に通院されている方でも色々な痛みの種類があります。腰が痛む、肩や首が痛むなど色々人によって痛みが出ているところも様々です。しかし、このように痛みの種類や痛みの出ているところが違っても、体を施術していくと多くの方の痛みの原因になっているもが同じものです。

まず1つ目は「筋肉」で、体を動かして痛みが出てくる方は筋肉が硬くなり無理に引っ張られると痛みが出るのです。筋肉が硬くなるのは、日常での同じ動作の繰り返し作業や長時間の同じ体勢、そして急な負荷がかかった時に本来柔軟性がある筋肉に対してこのような事が起きると筋肉は傷んでしまいます。傷んでしまった筋肉は次第に硬くなってしまい痛みの原因になってしまうのです。

そして2つ目は筋肉と連携して体を支えてくれている「背骨」の状態が悪くなると痛みが出てきてしまいます。背骨の状態が悪くなるというのは背骨が歪んでしまうということです。背骨の歪みが出てくるのには筋肉が硬くなってしまい、付着している背骨自体を引っ張る事によって歪みが出てきます。この状態が続くと姿勢が悪くなってしまい身体にかかる負担が無動作や些細な動作であっても大きくかかってきてしまいます。すると次第に筋肉に負担が積み重なり事になるので痛みが出やすくなるのです。

そして体には多くの血管があります。筋肉が硬くなったり、背骨の歪みが出てきてしまうとその血管を圧迫してしまうので全身の血液循環が悪くなり栄養や酸素が細部に供給できなくなります。ですから痛みが出てきている時に血液循環が悪くなってしまうと痛みに対しての回復力も落ちてしまい、中々痛みが引きません。

体に痛みが出てこない為には「痛みが出てくる仕組み」である筋肉と背骨の状態を正常に戻し血液循環を良くしていかなければならないです。そのため血液循環が常に良い状態が保てると痛みの出にくい体を維持できるようになります。

当院では、多くの痛みの原因になっている筋肉と背骨の施術をしています。もし体に痛みが出てきて悩んでおられる方がいましたら気軽にご相談下さい。

京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP