中京区・二条で整体なら「三条大宮整骨院」

熱中症とは、屋外や屋内に関係なく暑い環境や体温が下がりにくい環境で起きてしまう体の異常の事を言います。

熱中症になる時に起こる体の状態は、体温が上がってしまう事で正常に自然と働いてくれている体温調節機能のバランスが崩れてしまい体内に熱が溜まってしまう事です。体温が上がってしまった時に、本来は体温調節機能が働き適度な体温を維持する為に汗をかいたり、皮膚の温度を上げて熱を体外へだし体温を下げてくれます。ですからこの機能ができなくなってしまった時に熱中症になってしまうのです。

熱中症になる原因は色々あります。

気温や湿度が高い。日光に長時間あたる。風通しの悪いところに居る。子どもや高齢者など体温調節が自分自身でできない方。脱水状態が続いてしまう時。炎天下での屋外の活動。水分不足など。このような時に体内の環境が悪くなりやすいので注意する必要があります。

熱中症になると出てくる症状は、めまい、だるさ、吐き気、脚がつる、頭の重さや痛み、汗が極度に増減する、体温が高い、歩行困難などが出てきます。

対策としては、体に熱がこもって体温が上がり過ぎないように適度の体の冷却、水分補給をしっかりと細目にできれば熱中症になるリスクを大きく減らせます。みなさんもこの夏を健康的に過ごせるように体調に気をつけて行きましょう!!!

当院では体の施術の他に、体に痛みなどの異常が出てきたときに日常生活でできる対策などのアドバイスをさせてもらっていますので気軽にご相談下さいね(^_^)

中京区・二条で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP