京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」

6月に入りどんどん気温が高くなってきましたね。この時期に流行してくるのが「熱中症」です。

熱中症は別名で熱射病や日射病とも言われ、一度は聞いたことがあると思います。熱中症は暑い環境や体温が下がりにくい環境で起こる体の異常の事を言います。体温調節をしている所がバランスを崩してしまい、本来は体温を正常に維持するために発汗などをして熱を体外に放出しているものができなくなるので、体に熱がこもってしまいます。

熱中症によりこのような状態になってしまう要因がいくつかあります。

室温が高い、風邪通しが悪い、炎天下での活動、水分不足、休憩がとれず長時間の活動などが熱中症になるリスクが高いです。そして子供や高齢者も自己管理する事が難しいので熱中症になりやすいです。

熱中症になってしまうと、めまいや吐き気、倦怠感、歩行困難、頭の痛みや言葉も上手く話せなくなります。症状によっては熱中症により亡くなられる方もいますので、熱中症にならないように対策しておく事が大切です。

日頃から簡単にできる対策として小まめな水分補給と休憩です。そして汗をかいた後はしっかりその汗を拭きとり服を着替える事で体温が高くなる事を防げますので、体内環境が安定します。

体調を崩さず生活できる為にこれからも体調管理をしっかりとしていきましょう(^.^)

京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP