中京区・二条で整体なら「三条大宮整骨院」

当院の利用者さんから「温めた方がいいの?冷やした方がいいの?」と質問されることがあります。今回は温めるべきか冷やすべきかのお話しをしていきますね。

症状によって温めた方がいい場合と冷やした方がいい場合があります。筋肉は緊張してしまうと硬くなり、血管を圧迫し血液循環が悪くなります。血液循環が悪くなると筋肉に栄養が行き渡りにくくなりますし、身体は冷えてしまい重たいような痛みやだるさが出やすくなります。こういった場合は温めた方がいいです。温める事によって筋肉の緊張を和らげ、血液循環を良くしていきます。その後にストレッチなどして筋肉をゆっくりと伸ばしてあげるといいですよ。

逆に冷やした方がいい場合は筋肉や関節などが炎症を起こしてしまっている状態の時です。炎症が起こっているってどんな感じなの?と思う方もいるでしょう。炎症が起こっている個所は熱をもっていたり、じっとしていてもズキズキとうずくような痛みがあります。こういった場合は冷やしてあげ、まずは炎症を落ち着かせてあげることが必要です。最終的に炎症が落ち着いたら温めてあげるといいですよ。

あとは筋肉のケアも一緒に行っていくと回復のスピードも上がりやすくなります。身体の不調でお悩みの方。ご連絡お待ちしておりますね(^^)

中京区・二条で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP