京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」

今年は暖冬と言われていますが、暖冬と言ってもやはり寒さは身に沁みます。だからカイロを使っている方も多いのではないでしょうか。ただカイロは使い方を間違えてしまうと身体が冷えやすくなってしまうのです…!!

確かに身体を冷やさないようにするために、カイロを使い温めるのは悪い事ではないです。しかし、暖かい部屋の中などでゆっくりしている時にカイロを貼りっぱなしにしてしまうと身体は自分の熱で温まっていると勘違いしてしまいます。すると身体は作る熱の量を減らしてしまうので、結果冷えやすくなってしまうのです。身体が冷えてしまうと筋肉は緊張し硬くなりやすくなります。だから痛みやだるさが出やすくなってしまいます。また筋肉は熱を作るために欠かせないものです。そのため筋肉が硬くなってしまうと熱を作る量がさらに減ってしまいます。そして身体は体温が下がってしまうと代謝と免疫力も一緒に下がります。そのため余計に冷えを感じてしまったり、風邪を引きやすくなったりなど体調面にも影響が及ぶこともあります。

長時間外出する日や寒い所にいる時間が長い時などはカイロの力を借り、身体を冷やさないようにしましょう。家など温かい所でゆっくりする時などはカイロで身体を温めるのではなく、自分の身体の熱を使って冷えないようにしましょう。そのために筋肉に柔軟性をつけるケアやストレッチなどをして筋肉を動かしてあげましょう。

正しくカイロを使って、身体を冷やさないようにしましょうね(^○^)

京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP