京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」

体の状態は天気によって大きく変化します。よくある症状としては、頭が痛くなったり、体がだるく感じたり、時には体に痛みが出てきたりなど、多くの方が天気によって体の状態が悪くなり悩まれています。

天気によって体調が悪くなる方の原因は、天気が悪くなる事で(天気が悪くなる=低気圧になる)体内の多数ある血管が膨張してしまい血圧が下がってしまう事により体に症状が出やすくなってしまうのです。そして血管が膨張してしまうと自律神経がその膨張した圧迫されてしまいます。(自律神経の役割は、体内の環境を調節してくれる役割があります。)自律神経が圧迫されてしまうと体内環境の調節ができなくなり体に異常をきたしてしい体調を崩してしまうのです。

天気が悪くなり色々な症状が出てくる前に体に良い状態を保つ事が対策になります。その対策とは、

  1. 適度な運動をする

体を動かしておくと筋肉の伸び縮みの回数が増えます。筋肉の役割で伸び縮みする事により周りにある血管の収縮や緩和が繰り返し行われます。すると血行が良くなり体の各細胞に栄養補給がしっかりとできます。この良い状態が続くと自律神経が乱れる事も少なくなり、症状が自然と出てこない状態が保てます。

  1. 温かいお風呂に浸かる

体を湯船に浸かり温める事により①と同じく血行が良くなります。そして体を温める事により筋肉が緩んでくれるので、自律神経が直接筋肉に圧迫されることも少なくなり良い状態が保てます。

  1. ストレッチをする

ストレッチをすることにより筋肉が柔らかくなり血行が良くなります。そして継続的にストレッチをされると常に筋肉が柔らかい状態を保てるので、自律神経が圧迫されることもなく血液の巡りも良い状態を保ち体に症状が出にくい体に変化していきます。

この3つを日常生活の中で1つでも多く取り入れていくだけでも、たとえ天気が悪くなっても自律神経が乱れないように良い状態が保てておければ、体に症状が出にくくなるので天気によって体調が崩れて悩まれている方がいましたら日常生活の中でできる上の3つの事を始めて見てはいかがでしょうか???

そして当院では体に症状が出てきた方に対してその症状にあった専門に施術しています。もし上の3つをしても症状が楽にならない方がいましたら気軽に当院にご相談下さい。

京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP