中京区・二条で整体なら「三条大宮整骨院」

今の季節は受験される学生さんが多いです。すると勉強される時間が自然と長くなり、座っている時間も増えてきます。その時に皆さんに注意していただきたいのは、体への負担も多くなりやすい事です。

座っている時間が多くなってしまうと姿勢が悪くなってしまう方が多いですし、実際に勉強中姿勢が悪くなっている事を実感されている方もいるのではないでしょうか?姿勢が悪くなってしまうと体に負担がかかり症状が出てきてしまいます。例えば、「腰の痛み」「首や肩のだるさ」「目の疲れ」「集中力低下」などが起こる事はありませんか?そのような症状が出てくるのには、全て姿勢が関わってきます。

姿勢が悪くなる事で負担がかかってしまうところは、姿勢を支えてくれる役割のある「筋肉」と「背骨」です。机に向かう時間が長くなると体が前に屈んだ状態になります。すると姿勢を支えている筋肉や背骨は前に引っ張られてしまいます。その状態が積み重なると、次第に負担が大きくなってしまい筋肉は傷んで硬くなり、背骨には歪みが出てきてしまうのです。

特に周りから見て猫背になっていると思われている方は、既に筋肉は傷んで硬くなり背骨の歪みが出ている状態です。

この状態が続いてしまうと血液循環が悪くなってしまい老廃物が体に蓄積して、体内にある各細胞が傷んでしまう為体に上記のような症状が出てきやすくなってしまいます。

ですからこのような体に症状が出てこない為には、筋肉と背骨に負担がかかり姿勢が悪くなる前に体のケアをしていく事です。勉強などで机に向かう時間を削れない方でも、少しのケアをするだけでも負担は減らせます。

みなさんでも日頃から簡単にできるケアは「ストレッチ」です。

姿勢を悪くならないように簡単できるストレッチがあります。まず体の後ろで手を組み、肩甲骨を中心に寄せるイメージで胸を張るようすると、姿勢を支えてくれる働きのある筋肉のストレッチになりますので、意識してみましょう(^O^)

万が一症状が強く出てきている方に関しましては、早めの体の施術をお勧めします。当院でも背骨や筋肉の専門的施術をしていますので、気になる方がおられましたら一度ご相談下さいね。

中京区・二条で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP