京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」

利用者さんと身体についてのお話をしていると「痛みがあるところは冷やした方がいいの?それとも温めた方がいいの?」と質問を受ける事があります。みなさん、どちらだと思いますか?

痛みといってもズキズキする痛み、うずくような痛み、重だるい痛みなど様々だと思います。ズキズキとうずくような痛みでしたら炎症が起こっている状態です。ですからまずは炎症を抑えるための処置をしなければなりません。だからズキズキとうずくような痛みでしたらまずは冷やしましょう。アイシングパックなどで10~15分ほど感覚が鈍くなるまで冷やしましょう。炎症が収まるとズキズキとした痛みは無くなりますよ。重だるい痛みでしたら血行不良が主に原因となります。だからしっかりと温めてあげて血液循環を良くしてあげましょう。血液循環が良くなると筋肉に栄養が行き渡りやすくなるので痛みが軽減しやすくなりますよ。

ただ痛みがでる根本的な原因は筋肉にあります。だから痛みを予防しようと思うと筋肉のケアがまずは必要となります。特に緊張の強い筋肉は血液循環も悪くなり、痛みが出やすくなります。なので筋肉のケアをし、柔軟性のある良い筋肉にしていきましょう。

お身体で分からない事ありましたら、お気軽にご相談くださいね(*^▽^*)

京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP