中京区・二条で整体なら「三条大宮整骨院」

5月も残りわずかです。少しずつですが外出もできるようになってきましたね。身体をちょっとずつ動かしていきましょう。さて、質問です。痛みがある時は冷やした方がいい?温めた方がいい?みなさんどちらだと思いますか?

正解は…炎症によって出ている痛みなのか、それとも血液循環が悪くなったことによって出ている痛みなのかで対処は変わってきます。まず、炎症によって出ている痛みは冷やすようにしましょう。炎症での痛みは熱感があり、ズキズキとうずくようなものです。だからまずは炎症を鎮めるために冷やします。ここで温めてしまうと血流が良くなり、逆に炎症が悪化してしまう可能性があります。そのため炎症によっての痛みは冷やすが正解です。逆に血液循環が悪くなったことによって出ている痛みは温めるようにしましょう。血液循環が悪いと筋肉などに栄養が行き渡りにくくなります。また冷えの原因にもなり痛みが出てきてしまいます。だから温める事で血液循環をよくし、筋肉へしっかりと栄養が行き渡るようにしましょう。

ただ、痛みが出るという事は筋肉や背骨などのバランスが崩れてしまっているというサインです。だから痛みが出ないように予防をするには、筋肉や背骨のバランスを整えるケアを日頃からしておく事をおすすめします。

筋肉や背骨のメンテナンスは当院へお任せください。お気軽にご連絡してくださいね(^O^)

中京区・二条で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP