中京区・二条で整体なら「三条大宮整骨院」

前回、水分補給の大切さを皆さんにお伝えしましたが、今回は「冬場」の水分補給についてです。世間では、水分補給を重要視されているのは多く汗をかき脱水症状が起きやすい夏のイメージがあるみたいですが、実は冬の寒い時期でも起こりやすい事ご存知でしたか???なぜ冬場の寒い時期に起こりやすいのか……。

冬場に脱水が起きてしまうのは、生活している環境からと体の内面的な2つの原因があります。

生活している環境からくる脱水への影響は、「空気の乾燥」です。空気が乾燥した環境に長時間いると、皮膚や粘膜、呼吸時に水分が奪われてしまいます。そして寒さを防ぐために暖房器具を使うと、さらに湿度が下がるので体内の水分が減る為脱水が起きてしまいます。

体の内面的からくる脱水への影響は、水分不足が起きているという「自覚」が薄れてしまう事です。夏場は体から多くの汗が出ているという自覚があり目に見えて分かるので水分補給は細目にされる方がほとんどです。しかし、冬場は目に見えて分かる量の汗を夏場に比べて出さない事が多いため、自覚的に水分を補給しないといけないという感覚が薄れてしまうのです。さらに、気温が低くなってしまうと体感温度も低くなってしまい、喉の渇きを感じにくくなります。

この事から、脱水症状は冬場でも起きやすくなってしまうので、日頃からのこまめな水分補給が凄く大切になります。喉の渇きが感じた時は、既に体内の脱水が起きてきているサインなので、脱水症状になる前に水分補給を心掛けましょう!(^O^)/

中京区・二条で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP