中京区・二条で整体なら「三条大宮整骨院」

今年の夏は暑い日が続いていますね。特に暑い時期はお風呂に浸からないでシャワーだけで済まされている方も多いかもしれません。しかしシャワーだけで終わってしまうと……。

お風呂に浸からずシャワーだけで終わってしまうと体の表面上は温められますが、「体の芯」は冷えたままになります。ここで言う体の芯とは筋肉の事です。体を動かすのも、内臓の働きも筋肉が関係しています。この筋肉が伸び縮みして動くことにより血液が体中に巡り身体の熱を保ってくれています。ですからシャワーだけになってしまうと、体の表面の皮膚は温められ、深層の筋肉は冷えているままになってしまっているということになります。

冷えている状態が続いてしまうと、次第に筋肉が硬くなり上手く伸び縮みができなくなります。すると血液循環が悪くなり、体中が酸素不足や栄養不足になってしまいます。その後体はだるさや疲れを感じやすくなります。この状態が続くと次第に痛みとして体に出てくるかもしれません。

では逆にお風呂に浸かって体の芯から温める事によってどういった良い事があるのかというと、皮膚の血管だけでなく深部の血管も血液の循環が良くなります。それによって老廃部や疲労物質が流れやすくなり疲労回復効果があります。また内臓の働きを良くし、便通が良くなったりや自律神経をコントロールする作用もあります。体の細胞も温まる事で活性化し免疫力が高まり風邪をひかなくなります。

このようにお風呂に浸かると体にとってのメリットがたくさんあります。ですからシャワーで終わらずにお風呂に浸かる時間を少しでもつくってあげると、体の良い状態が保てると思います。しかし、のぼせてしまわないように体の調子に合わせて入浴時間の調節や水分補給なども行って下さいね。

みなさんも普段から体の芯から温められるように心掛けましょう!!

当院では日常生活でも健康で体の良い状態を保てるように普段からできる事についてもアドバイスさせてもらっています。もし体の事で何か悩んでおられましたらお気軽にご相談下さい。

中京区・二条で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP