京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」

テーピングは大きく分けて2つありまして、それぞれに役割があります。

まず1つ目は、「キネシオテープ」です。キネシオテープは主に筋肉の補助を目的として使われ、痛みの軽減や血液循環を促進させ疲労回復効果が得られます。スポーツ時などパフォーマンスの向上も期待できます。

2つ目は「ホワイトテープ」です。ホワイトテープはキネシオテープよりも強固な固定になり、けが予防や応急処置、特に急性期のケガなどで使用されることが多いです。この2つが主に使われているテーピングになります。

当院でも急な痛みや症状がでて来られて確認してみるとテーピングが必要な方は実際に多いです。特に急性の症状が出た時にまず何をしたらいいか、症状に対してどのように対処をしたらいいかわからないと言われる方がほとんどです。少しでも対処を間違われてしまうと今出ている痛みが増してしまう恐れもあります。ですから当院ではその人の症状に合った対応をさせてもらっています。必要であればアイシングやテーピングをしていますので、もし何か体の痛みや症状で悩んでおられる方がいましたら気軽にご相談下さい。

京都市中京区で整体なら「三条大宮整骨院」 PAGETOP